banner

レイアウト、デザイン

パンフレットにおけるレイアウト、全体を見るデザイン

見やすいレイアウトは、事柄同士のつながりを関係づける事です。位置的にグループに分けたり、色別に配置したりと見やすさを考慮しなくてななりません。

見やすくするにはブロックごとに揃えます。上を合わせる、左を合わせる事はまず第一歩です。内容によってはセンターに揃える場合もありますが、パンフレットを考えた場合、左揃えが無難です。文章も長文になるとだらだらしてしまします。長文も字間と行間を調整し、見やすい状態でブロック化します。ブロック同士も近づきすぎては読みにくいので、やはり余白が大切です。パージに対しての余白とブロックごとの余白のバランスが大切です。パンフレットという媒体は読んでもらうことが必要です。読みやすくするには色彩のバランスも考慮しましょう。タイトルは目立つように書体は太めに、色は濃い色を指定します。デザインにおいて色指定はレイアウトにも大きく影響します。パンフレットのタイトルは目立つことが必要です。何のためのパンフレットか、表紙を一見して理解できるくらいのインパクトが必要です。伝わるデザイン、訴えるレイアウトを作るには、写真、イラスト、図などが効果的です。各素材を大きさ、位置、色づけを考慮して、さらに内容となる本文を組み込ませ、完成させます。インパクトある写真ならば表紙に、品格のある明朝体のキャッチコピーを入れてもいいでしょう。

内容は各タイトルから、イラストや図を交えながら本文へと誘導していくレイアウト。偶然綺麗に見えるデザインではなく、計算されたレイアウト、デザインならば、きっと効果は出ます。パンフレットは相手に伝わらなくては意味がありません。発信する内容に合わせた、デザインの表現が大切です。

デザインの要素で書体があります。内容が伝わるには読んでもらうことが必要です。ではどのようにして伝えたいことを読んでもらえるのか。見やすい、読みやすいが大事な要素となってきます。本文であまりに小さすぎる大きさでは読む気がなくなります。色も薄い色では読みにくいです。読んでもらいたい文章は、字間。行間のバランス、文字の種類・大きさ、色を考慮しましょう。言葉だけでは伝わらない要素もあります。その時は目で見て判断できるように、地図などのイラストを挿入したり、図、グラフなどを使用しましょう。読んで理解するよりも直感で判断できます。パンフレット作成は、内容がわかりやすく、美しく、インパクトがあるものが理想です。

Copyright © 2017 パンフレットのデザイン作成を依頼する All Rights Reserved.