banner

デザインの重要性

会社パンフレット作成とデザインの重要性

会社関係のパンフレットを作成するに当たり、まず、何のために作るかという目的や用途を明確に決める必要があります。漠然と、とりあえず作ろうか、というスタートでは、あれもこれもと何でも載せることになり、何のパンフレットかわからなくなります。作成する前には必ず、目的を決めておかなければなりません。

作成に当たり、目的が決まったら内容を決定します。
会社案内でしたら、企業理念、代表者挨拶・メッセージ、社史・沿革、業務紹介、さらに組織紹介、商品/サービス内容、社員紹介などと続きます。業種によっては構成が変わってきます。製造業・不動産業ではカタログを兼ね、商品写真やサービス事例を中心にすると、営業ツールとしても効果的です。リクルート・入社用だと、社員の声、希望する人材像、組織図で社風を効果的に伝えます。ここで大切なことは、他社との違いをアピールできているか、会社の独自性を表現できているかです。ただ、文章を綴ったのでは単なる説明書に過ぎません。読み手に訴える個性を強調しましょう。相手が感じるメリットをどのように表現するか。相手の心を動かしてこそ価値があります。ここまで内容が煮詰まれば、あとはどのように紙面で表現するかです。パンフレットは紙ですので動きません。音も出ません。インパクトあるデザインで表現するしかありません。一番インパクトがあるのは写真です。でも、すべてのパンフレットで写真が使えるわけではありません。レイアウト、色彩、書体でデザインを考えることも大切です。イラストを用いて堅苦しさを取り除き、親しみを感じさせる方法もあります。情報の量、ターゲット、使用しているイメージを意識しながらデザインしましょう。用紙の大きさ、ページ数、紙質なども目的に合わせて決めましょう。紙質はカラーもあり、紙だけで品格を表現することもできます。ターゲットは年齢、性別、新規顧客開拓、固定客、学生、などから絞りましょう。不特定多数をターゲットにするのは避けた方が無難です。使用しているイメージは、店頭、販売店、イベント、展示会、マンツーマンの営業、資料請求などのケースが考えられます。これらのことは目的を明確にしておけば、自然と流れに沿ってくるものなので、一番最初にはっきりと『何を目的とするか』を心がけて作成すれば、大丈夫です。

パンフレットの仕上げで一番大切なことは、文字校正です。誤字脱字ほど恥ずかしいものはありません。何度も、一人ではなく大勢で校正しましょう。

Copyright © 2017 パンフレットのデザイン作成を依頼する All Rights Reserved.