banner

デザイナーに頼む

デザイナーに頼むパンフレットのデザイン

広告やチラシをよく出すような企業であれば、社内に企画担当やデザイン担当者が常駐しているという事もよくあります。ある程度の作成知識を備えているでしょうから、もちろん販売促進に際しての印刷物はお願いするのが当然です。

しかしパンフレットなどこれから先何度も使用するものであり、且つ会社の顔ともなるようなツールであれば、専門のプロにお願いする方が無難と言えるかもしれません。
専門のプロと言えばデザイナーです。

こういった販促物などを専門として活動している人も多く、一般のデザイン会社に常駐している場合もありますから、委託という形式で一時的にお願いしてみるのもよいでしょう。

まずデザイナーにパンフレット作成をお願いする事のメリットは、他との差が出るという部分です。

デザインをする人は個性や表現力を重要視しており、一般的な偏った考え方をしていません。
さらに多くの画像を目にして学習していますからバリエーションが豊富であり、どこにでもありそうな「普通の仕上がり」というリスクが避けられます。

もちろん大枠のイメージについては会社側が提案しなければなりませんから、かっこいいイメージにしたいだとか、洗練された感じにしたいなど、注文はしっかりと伝える必要があります。

さらにパンフレットは冊子タイプになっている事が一般的ではあっても、その見開きなどにアレンジを加える事は十分可能です。
表紙部分には波型に切れ込みを入れたり、会社のロゴマークに近い形状にしたりというような変化もつける事が出来て、切り絵のようですがこういったアレンジを加えるだけで、存在感が一気にアップします。

このような形状についても中のデザインと合っていなければあべこべになって魅力がなくなってしまいますから、総合的判断を任せるという意味で一人の人に統一させた方が良いでしょう。

また、パンフレットなどの印刷物については中に写す写真や画像の色味によって仕上がりの雰囲気が大きく変わったりします。
ですから印刷会社との入念な打ち合わせも必要ですし、あまり難しい配色を使うデザイナーだと印刷代まで高くついてしまったりしますから、注意しておく事が必要です。

実際デザイナーに頼んでいる時点で費用は高くなりますが、個人に頼むのではなく、デザイン会社として法人化している所などであればある程度交渉の余地が生まれます。

せっかく費用を掛けるのであれば満足のパンフレットが仕上がるように会社側も協力する必要があるでしょう。

Copyright © 2016 パンフレットのデザイン作成を依頼する All Rights Reserved.